--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-24

メダカの稚魚が減るのは共食い!

今朝、今年産まれためだかの稚魚にエサをやろうとしたときのことです。
(写真は撮れませんでした。)

少し早く産まれた、稚魚は、産まれたばかりの稚魚に比べて二回りぐらい大きくなっています。

その少し大きくなった稚魚が、産まれたばかりの稚魚の頭をくわえていたのです。
そして、食いちぎろうとしているように見えました。

しばらくすると、稚魚の頭の部分だけがちぎれ、少し大きくなった稚魚の口の中に収まりました。
胴体の部分は水中をただよっていました。

昨年も、小さな水槽に最初は数十匹いた稚魚が、いつの間にかだんだん少なくなり、最終的には数匹になりました。

今年は、稚魚孵化用の水槽を三つ用意しています。
一番最初に孵化した水槽は、当初20匹ぐらいはいた稚魚が、今では5匹となっています。

一番最後に孵化した水槽は、今は30匹以上稚魚がいます。

メダカが共食いするのは、「おなかが減ったから」だけではなく、動くものを攻撃する本能もあるのではと思います、
おなかが減ったからは、一日一回しかエサやりをすることができず、ある程度は仕方ないと思っています。

一方の攻撃本能は、広い水槽や水草などでカバーできるのではと思います。
今年はホテイアオイを刈ったのですが枯れてしまいました。

もう一度ホテイアオイを買おうと思っています。
週末に見に行こうと思います。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

同じ程度の大きさなら共食いはないでしょう。

ぼん様

ぼん様、コメントありがとうございます。

同じぐらいの大きさですと共食いはないですね。
めだかの稚魚も、同じ時期に生まれても、ずいぶん個体差で大きさが変わってきますよね。
そうなると、なかなか大きさ毎に分けるのもむずかしくて...

大きな器ですとまだよいのでしょうね。

No title

残念ながら今日孵化した稚魚を3匹同じ産卵ボックスに入れておきましたが、このコメントを見てすぐに確認したところ1匹しか姿がありませんでした。同じ大きさでも本当の稚魚の場合は共食いがあると思います。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

medakadesu

Author:medakadesu
2008年からめだかを飼い始めた、めだか初心者です。
2014年になり、めだか飼育も7年目に入りました。
今年はどんな姿を見せてくれるのでしょうか。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。