--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-23

スイレンが雨と風で大丈夫かな

昨日開花したスイレンの花が、今日は強い風と雨の中をがんばって耐えています。

スイレンが雨と風で大丈夫かな

茎の位置が風で移動し、昨日とは違う場所に出てきています。

雨だけですと良いのですが、風がきついのはスイレンにとって厳しそうです。
一度開花するとしばらく毎朝花を楽しませてくれるスイレンですが、雨と風によって開花の期間が短くなるのではと心配しています。

とはいえ、屋外では風雨を遮ることは難しいので自然に任せようと思います。

花の中にも雨粒があり、普段とは少し違う風情です。
スポンサーサイト
2010-05-22

スイレンが咲きました

スイレンが咲きました。

スイレンが咲きました

5月4日につぼみが水面に顔を出したスイレンの花が咲きました。
昨年は5月23日に開花でしたが、今年は一日早い開花です。

きれいなピンクの花です。
朝の忙しいときにこの花を見ると癒されます。

このスイレン鉢のメダカは野生メダカですが、3匹に減ってしまっています。
(寿命でこの冬に亡くなったのではと思います。)

野生メダカは警戒してあまり水面に浮かんできません。
このスイレンには、特に肥料も与えていないのですが、メダカのエサの残りや糞などがうまく循環しているのかなと思っています。

野生メダカが3匹と少ないので、ヒメダカを入れてみようかなとも思っています。

しばらくこの花が毎朝楽しませてくれそうです。
2010-05-21

スイレンのつぼみが少し開いた

スイレンのつぼみが少し開きました。

スイレンのつぼみが少し開いた

完全に咲いたわけではなく、少しだけ開こうとして、止まっている感じです。

まだ、様子見なのでしょうか。
もう少し暖かくなれば完全に咲くのかもしれません。

あるいは、明日にはもう咲くのかもしれません。

花の色は薄いピンク色のようです。

朝に咲くスイレンの花はとてもきれいなものです。
その日一日の気分をとても良くしてくれる、そんな花です。

明日か明後日か、もうしばらくかかるのか、いずれにしても花笠句碑は近いと思います。
楽しみです。
2010-05-19

スイレンのつぼみ

5月4日に出たスイレンのつぼみのその後です。

スイレンのつぼみ

今年は早く咲くのかなと思っていましたが、つぼみが出てから咲くまでに時間がかかります。

写真のようにまだつぼみが固く閉じているように見えます。
もう少し暖かさが足らないのでしょうか。

水面からも完全に出ることなく、途中のように見えます。

つぼみの隙間から少しだけ花の色が見えています。
もう少し、もう少し、なのでしょう。

花が咲く日が楽しみです。
あと一週間ぐらいでしょうか。
5月末までには花を見たいものです。
2010-05-18

ホテイアオイが枯れていく

今年購入したホテイアオイの元気がありません。

ホテイアオイが枯れていく

だんだん茶色のところが多く枯れていっているようです。

昨年も一昨年も、同じ頃購入したホテイアオイは元気にすくすくと成長していました。

ところが今年はこの状態です。
なぜなのでしょうか。
春先が寒かったからでしょうか。

確かに購入したとき、あまり元気がない状態だったのは間違いありません。

年越しをかろうじてしたような状態だったのかもしれません。

何とか緑のところが元気に広がっていって欲しいと思っています。

この状態ですと、メダカの産卵には当分役立てないようです。
2010-05-09

シュロとメダカの卵

シュロに生み付けられたメダカの卵です。

シュロとメダカの卵

先日シュロを入れてから、すぐにメダカの卵がついていました。

シュロごと、孵化用の水槽に入れました。
孵化用の水槽は小さいですが、稚魚も小さいので十分だと思います。
ただし、水量が少ないので、水温の管理は重要だと思います。

メダカの卵が孵化するのに、気温20度で約10日かかるとのことです。

今年も元気な赤ちゃんが誕生することを楽しみにしています。
2010-05-08

「メダカの救急箱100問100答」を読んで

今年の春に新しくメダカの本が出ていました。
メダカの救急箱100問100答です。




エサや、繁殖、病気、メダカ用品など、QA形式で解説されています。
また写真家の小林道信さんが書かれた本ですので、多くのページに写真が載っています。
(ただし、残念なことに後半のページの写真はカラーではなく、少し分かりにくい写真もありました。)

めだかを飼ってみようという方には、QA形式の本ではない方が良いと思います。

一方、すでにめだかを飼っていて、疑問を持っていらっしゃる方は、この本での解決方法が見つかるかもしれません。

メダカの品種については詳しく書かれていますので、改良品種に興味がある方は参考になることがあるのではと思います。

2010-05-05

産卵床にシュロを入れました

メダカの産卵床として、シュロを入れました。
(写真で水面に白く映っているのは、少々エサをやりすぎてしまい、残っているエサです。)

産卵床にシュロを入れました

昨年はもっぱらホテイアオイをめだかの産卵床にしていました。
今年もメダカはおなかに卵を抱えているのですが、まだホテイアオイが育っておらず根も短い状態です。

そこで、先日手に入れたシュロをスイレン鉢に入れました。
シュロは、数日別の容器に水を張りつけておきました。
特に色も出ることなく、一度水を換えて、今日スイレン鉢に入れました。

メダカは少し驚いたようにしていましたがすぐになれることでしょう。

しばらく様子を見て卵を産み付けていたら、シュロごと別容器で孵化させようと思います。
2010-05-04

今年もスイレンのつぼみが出てきた

今年もスイレンのつぼみが出てきました。

今年もスイレンのつぼみが出てきた

一昨年購入し、昨年は何度か花を咲かせたスイレンが、今年もつぼみを出しました。

つぼみは水面に浮かんできています。
スイレンの葉はまだあまり多くありませんが、花を早く咲かせたい、ということでしょうか。

昨年は5月23日に開花していましたが、今年はそれよりも早く咲くのではと思いますが、昨年の記事を読んでみるとやはりゴールデンウィークにつぼみは出ていて、つぼみの間が長かったようです。

先日は風が強い日が続いていましたが、そのときでなくて良かったと思います。
あの強い風の中ですと、水面に浮かんだつぼみは折れるかもしれません。

昨年もほとんど肥料をやることはありませんでしたが、メダカの糞などがちょうど良い肥料になっているのでしょうか。
今年は一度花を咲かせた後は、肥料をやってみようかと思います。

昨年は薄い白色と赤色の花でした。
今年は何色の花を咲かせてくれるのでしょうか。
楽しみです。
プロフィール

medakadesu

Author:medakadesu
2008年からめだかを飼い始めた、めだか初心者です。
2014年になり、めだか飼育も7年目に入りました。
今年はどんな姿を見せてくれるのでしょうか。

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。