--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-22

ホテイアオイと水質

この春買ったホテイアオイが大きく育っています。

しかし、ひとつ不思議なことがあります。
それは、金魚鉢と火鉢に入れているホテイアオイの葉の色が大きく違うことです。

ホテイアオイと水質

写真のように、金魚鉢に入れているホテイアオイは、葉の色が濃い緑です。
一方、火鉢に入れているホテイアオイの葉の色は黄緑色です。

金魚鉢と火鉢は並べておいており、日光の当たり具合は変わりません。
なぜこのように葉の色が異なるのでしょうか。

ひとつ気になるのは、水質です。
測ったわけではありませんが、火鉢は元々灰が入っていたこともあり、アルカリ性になっているのではないかと思います。
そのため、ホテイアオイも十分に育たないのではないかと思います。

火鉢の中には、アナカリスも入れています。
また、小さな浮き草も入っています。
しかし、これらも、育ちが悪いようです。
睡蓮鉢の中の浮き草はとってもとっても増えていきますが、火鉢の中の浮き草はいっこうに増えません。

メダカにとって、どちらの水質が過ごしやすいのか気になりますが、このまま見守っていきたいと思います。
スポンサーサイト
2008-08-07

スイレンの植え替え

先日読んだ、「はじめてでも簡単スイレンとハスの育て方・楽しみ方」を参考に、買ってきたままのポット苗のスイレンを、素焼きの浅鉢6号(18cm)に植え替えました。

この本によると、温帯性スイレンは鉢は6~7号(18~21cm)に植えるのがよいと書いてありました。あまり小さい鉢だと、花が咲かないとも書いてありました。

本当は、暑いこの季節に植え替えは良くないのかと思いましたが、何とか今シーズンにスイレンの花を見たいと思い、植え替えをしました。

スイレンの植え替え

この写真の中に見えているのが素焼きの浅鉢です。

まずは枯れないように、そして花が咲くとよいなと思っています。
2008-08-06

はじめてでも簡単スイレンとハスの育て方・楽しみ方

我が家のスイレンは、葉はどんどん出てきますが、なかなか花が咲きません。
なぜだろうなと考えています。

先日、図書館でスイレンの本を見つけました。



スイレンの本はあるようですが、図書館の園芸のコーナーにも数えるほどしかありません。
この本は、2008年5月刊の新しい本です。

早速借りて読みました。

この本によると、花が咲かないのは
・肥料与えすぎ...月に1回緩効性のIB肥料を与えている程度ですので問題ないかなと思っています。
・植え付ける鉢の大きさが不十分...買ったときのポット苗のままでした。
とのことです。
植え付ける鉢は、温帯性スイレンの場合、6~7号(18~21cm)とのことです。

近いうちに、植え替えをと考えています。
これで、花が咲くと良いなと思います。
プロフィール

Author:medakadesu
2008年からめだかを飼い始めた、めだか初心者です。
2014年になり、めだか飼育も7年目に入りました。
今年はどんな姿を見せてくれるのでしょうか。

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。