--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-28

一匹、死んでしまいました

昨日、飼ってきた「ひめだか」、今朝起きて見ると一匹白くなって水面に浮いていました。
おそらく、飼ってきてから水槽に入れる際に、ナイロン袋に引っかけた一匹でしょう。

昨日入れた後も、少し変な泳ぎ方をしていました。
斜めになりながら、少し暴れながら泳いでいるように見えました。
きっと、どこか痛かったのでしょう。
かわいそうなことをしました。

それ以外のめだかは生きています。
しかし、えさをあげても、水面には上がってこず、水槽の底の方にじっとしたままです。
(今あげているえさは下の写真の「キョーリン飼育教材 メダカ・タナゴ・フナのエサ」です。)




なぜなのでしょうか?
横の水槽で飼っている金魚は、えさをやると我先にとえさに飛びついているのとは、随分対照的です。
まだ慣れていないからか、他に原因があるのでしょうか。

以前読んだ本によると、亜硝酸塩がたまっていると、めだかは水槽の底から動けなくなるそうです。
まだそれほど汚れているわけでもなさそうですので、これは違うと思いながら少し心配です。

様子を見ていきたいと思います。
スポンサーサイト
2008-04-27

ひめだかを購入

春になり、暖かくなったので以前から欲しかった「ひめだか」を買いに、近くのホームセンターに行きました。
何匹飼おうかなと思い、水槽もそれほど大きくないので、10匹注文したところ、2匹おまけでつけてくれ、合計12匹を飼いました。
一匹\21で、合計\210。

ついでに、水槽の底にしく砂もと思い、大磯の砂も購入しました。

家に帰り、用意しておいた水槽に、購入したときに入れてくれたナイロンのまま、まずはつけました。
いきなり、メダカを入れると、ナイロン袋の中の水温と、水槽の水温の差が大きい場合、メダカがびっくりして死んでしまうことがあるからです。
30分ぐらいその状態で待ちました。

そして次に、ナイロンの口を開け、水槽の水を少しナイロン袋に入れました。
これは、水質にメダカをなれさせるためです。
水槽の水と、お店で入れてくれた水は違いますので、これもメダカをびっくりさせたり弱らせる原因になるからです。

水あわせをして10分ほど待ち、いよいよメダカを水槽に入れました。

少しあわてていたのか、ナイロン袋の口に一匹メダカを引っかけてしまいましたが、なんとか水槽に12匹のメダカを入れました。

水槽は30cm水槽で、元々いた一匹のメダカと合計して13匹。
少し、多いかなと思い、4匹を別の金魚鉢に入れました。

元気に、そして卵を産んで増えて欲しいと思います。
プロフィール

Author:medakadesu
2008年からめだかを飼い始めた、めだか初心者です。
2014年になり、めだか飼育も7年目に入りました。
今年はどんな姿を見せてくれるのでしょうか。

カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。