--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-08-13

2014年もホテイアオイの花が咲きました

2014年もホテイアオイの花が咲きました。

こちらがつぼみです。

ホテイアオイのつぼみ

そして、つぼみの翌日、見事に紫色の花が咲きました。

ホテイアオイの花

今年、ホテイアオイは、楽天のcharmで購入しました。

四つの鉢(睡蓮鉢、火鉢)にそれぞれ入れていますが、不思議なことに、この火鉢のホテイアオイだけすくすくと大きく育ちました。
他の鉢は、あまり大きくならず、どちらかというと元気がないものが多いです。

水質なのか、それとも何が影響しているのでしょう?
日当たりはどの鉢もほぼ同じ条件です。

いずれにせよ、花が咲くと鉢も映えて見えます。

他の鉢もきれいな花を期待しています。
スポンサーサイト
2014-07-06

メダカの赤ちゃんが親メダカに食べられにくい環境

例年は、メダカの産卵期には、卵を産み付けているであろうホテイアオイを、別の水槽に移し、稚魚を育てていました。

これは、生まれたばかりのメダカの赤ちゃんが、親のメダカに見つかって、食べられるのを防ぐためです。

今年は、別の水槽に移すこと無く、様子を見ています。

今、睡蓮鉢が二つと、火鉢が二つの合計四つでメダカを飼っています。

その中で、メダカの赤ちゃんが親メダカに食べられにくい環境がどのような環境かを考えています。

最初は、オオカナダモのたくさん入った火鉢です。
この中には、メダカの赤ちゃんが三匹泳いでいます。

メダカの赤ちゃんが親メダカに食べられにくい環境1

こちらも、オオカナダモの入った火鉢です。
こちらには、メダカの赤ちゃんはいないようです。
親メダカに見つかって食べられたのかどうかは不明です。

メダカの赤ちゃんが親メダカに食べられにくい環境2

こちらは、スイレンの入ったすいれん鉢です。
こちらには、メダカの赤ちゃんはいないようです。
親メダカに見つかって食べられたのかどうかは不明です。

メダカの赤ちゃんが親メダカに食べられにくい環境3


こちらひめスイレンの入ったすいれん鉢です。
こちらには、メダカの赤ちゃんはいないようです。
親メダカに見つかって食べられたのかどうかは不明です。

メダカの赤ちゃんが親メダカに食べられにくい環境4

このように、オオカナダモがたくさん入っている火鉢のみ、赤ちゃんのメダカが泳いでいます。
オオカナダモがメダカの赤ちゃんのよい隠れ場所になっているのではと思います。
2014-05-31

今年も姫スイレン開花です

今年も姫スイレンが花を咲かせてくれました。

開花までの様子です。

★5/26
写真20140526074446_convert_20140531232725

★5/27
写真20140527080627_convert_20140531232923

★5/28
写真20140528081108_convert_20140531233058

★5/29
写真20140529063403_convert_20140531233240

★5/30
写真20140530075722_convert_20140531233723

★5/31
写真20140531110509_convert_20140531233937

昨年は、6/1に開花していましたので、ほぼ例年通りです。
開花までの間に、大雨や強い風が吹くと、開花できずに水の中に埋もれてしまうことがありますが、今年は順調に開花です。

いろんな疲れもこの花とめだかを見ていると安らぎます。

感謝です。
2014-05-17

今年もヒメダカを買いました

今年もヒメダカを買いました。

今年もヒメダカを買いました

買ったのは、charm 楽天市場店です。
この写真は、水あわせをしているところです。

ヒメダカ12匹です。
親メダカの大きさで、すぐに卵を産みそうです。

(めだか)ヒメダカ/ひめだか(12匹)

(めだか)ヒメダカ/ひめだか(12匹)
価格:679円(税込、送料別)



ホテイアオイも買いました。
近所のホームセンターで販売されるのは、もう少し後なのと、販売されるものも小ぶりのものが多く、すぐに産卵床に使うためには向かないため、楽天で購入しました。



もう一つは、シュロの産卵床です。
ホテイアオイと併用してどちらが良いか、見ていきたいと思います。



2014-04-29

睡蓮鉢の苔はギンゴケ?

昨年から、睡蓮鉢の苔が大きくなってきています。

睡蓮鉢の苔はギンゴケ?

この苔の種類は何だろう、と思いインターネットで検索して調べてみました。

はっきりとしたことはわからないのですが、写真から見ると「ギンゴケ」のように思えます。

苔にもたくさんの種類があるようで、新しい発見でした。

この苔は、睡蓮鉢の水面に近いところに増えており、花か胞子のようなものもでてきています。

この睡蓮鉢も7年目を迎え、苔もついてきて、本当に自然に近づいているように思います。

街の中の、小さなビオトープ、癒やしの空間なってきています。
プロフィール

medakadesu

Author:medakadesu
2008年からめだかを飼い始めた、めだか初心者です。
2014年になり、めだか飼育も7年目に入りました。
今年はどんな姿を見せてくれるのでしょうか。

カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。